ダブルワーク

これは薬剤師だけに限定されることではないのですが、正社員で働いている場合、就業規則などでダブルワークを禁止されていることが多いと思います。

 

薬剤師でダブルワークをするのは、パートやアルバイトの方が主になります。パートやアルバイトの賃金は安いのが一般的ですが、薬剤師アルバイトの場合、地域にもよりますが、時給は他のアルバイに比べて2倍から3倍近く、だいだい2000円くらいが相場と言われています。アルバイトの場合、週5日間働きたい、フルタイムで働きたいという希望があっても、シフトの関係から出来ないことが多いと思います。そういった場合、一ヶ所の勤務地で働くのではなく、複数の勤務地でダブルワークをすることによって自分の希望通りの時間を働くことが可能になります。上記で述べましたように、薬剤師アルバイトは時給が飛びぬけて高いため、仮に週5日フルタイムで働いた場合、アルバイトであるにもかかわらず、ひと月で30万円以上の収入になります。現実的には勤務時間の調整などで週5日フルタイム勤務は難しいと思いますが、働き方次第では薬剤師アルバイトは一般のサラリーマン並みの収入を得ることも可能です。

 

 

また、これとは逆に、子育て中で、あまり長い時間働けない場合でも、薬剤師アルバイトは需要が高いため、仕事がなくて困るということは少ないでしょう。このように多彩な働き方が出来きて、収入も期待できるのは専門職ならではと言えます。

Comments are closed.