業種別薬剤師求人の特徴

薬剤師は、薬科大学が6年制へ移行したことや薬学部を新設する大学が増えてことにより大きな変化を遂げようとしています。auction01_l

 

またコンビニエンスストアといった本来は薬を扱わない業種での取り扱いが進んだことやドラッグストアが調剤業務に力を注ぐようになったことから薬剤師求人は変化してきています。現在の業種別の薬剤師求人の特徴はどのようなものとなっているのでしょうか。薬剤師が勤務する中で最も競争率が高い病院では、競争率が高い割には募集が少ないという特徴があります。比較的競争率が低いと言われるのは単科系の小規模病院や精神科系といわれており、今後もその競争率は上昇すると予測されています。調剤薬局の薬剤師求人の特徴としては、都市部ではほぼ充足感が出てきておりあまり募集が見られなくなりましたが、地方に行くと薬剤師不足の地域もあり地域格差が大きいということが言えます。

 

ドラッグストアが調剤業務を扱う傾向にあるために、調剤薬局の経営は厳しく給与水準は低くなることが予測されています。ドラッグストアの薬剤師求人の特徴は、他業種との差別化を図ることを目的に調剤業務に力を注ぐようになっており薬剤師不足の傾向にまだあります。

 

 

しかし都市部では飽和状態となっているために求人数が少なく競争率が高くなっておりますが、地方では薬剤師不足のドラッグストアも見受けられます。製薬会社の治験コーディネーターなど企業からの薬剤師求人の特徴としては、未経験者でも歓迎している傾向が強いということがあります。

 

 

しかし未経験から転職は年齢的な縛りがきつく、誰でもなれるというわけではありません。

Comments are closed.