薬剤師アルバイトと登録販売者

登録販売者とは、あまり聞きなれない言葉だと思います。

 

登録販売者とは、2009年に施行された改正薬事法で定められた公的資格のことです。公的資格とは民間団体や公益法人によって試験が実施され、主に省庁によって認定されるものです。国が法に基づいて実施する国家資格と、民間企業や民間団体が独自の基準で実施する民間資格の、ちょうど中間に位置づけられています。この資格を取得すると、現行の一般医薬品のうち第二類および第三類医薬品を販売できることが認められます。この資格の誕生により、今までは店舗に薬剤師資格保有者がいなければ販売できなかった医薬品が、登録販売者資格保有者にも販売できるようになりました。この制度が出来た背景には、近年店舗数が増加してきたドラッグストアなどに対して、常駐する管理薬剤師や薬剤師アルバイトの数が足りなかったことが挙げられます。薬剤師の数が足りないことにより健康被害が生じないよう、専門家により適切な情報提供等がなされることが、登録販売者制度の目的です。登録販売者の待遇ですが、社員なら資格手当てが付き、アルバイトなら他に比べて時給を上乗せする場合が多いようです。

 

 

 

とはいえ、専門職である管理薬剤師や、薬剤師アルバイトよりは低目の賃金になることは間違いありません。企業の人件費抑制の観点から、今後、登録販売者が増えるに従い、現行の店舗で多く見られる管理薬剤師と薬剤師アルバイトの需要は減少してくると見られています。

Comments are closed.